本文へスキップ

明治鍼灸柔整予備校は、医進学園グループが運営する鍼灸マッサージ専門学校受験対策並びに、鍼灸・柔整国家試験対策の専門予備校です。

お問合せ・資料のご請求は・・・ 03-3230-0212


〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-2-31-B1F

鍼灸(マ)・柔整−国試対策室SERVICE&PRODUCTS

鍼灸・マッサージ・柔整−ライセンス取得を、強力にバック・アップ!

かつて、狭き門といわれた鍼灸・柔整などの東洋医学系専門学校も、近年の新設校増加により、総定員枠が大幅に拡大しました。志願者にとって、学びやすくなった反面、国家試験においては、鍼灸師・柔道整復師の国試合格者枠が狭められる方向に動いています。医進学園 明治鍼灸柔整予備校では、全国に先駆け、2003年度より学内に国試対策室を設け、医進学園の卓越した指導ノウハウを投入し、難化傾向の国家試験合格を、強力にサポートしています。既卒者はもちろん、現役受験生も、専門学校での国試対策との併用で、飛躍的な実力アップを達成できます。

国試対策室のスペシャル・メソッド

○○○○○○○○イメージ

徹底した少人数指導編成

1クラス定員10名前後の徹底した少人数指導編成のため、集中度が高まり、密度の濃い学習を積み上げていくことができます。また、専門科目では鍼灸師・柔道整復師国試別に独立クラス制を採用し、資格別の直線的な指導を行っています。


○○○○○○○○イメージ

「チュータ講師」が合格まで責任指導!

各教科、医進学園のハイレベルな講師採用試験を突破した鍼灸柔整の有資格者が、直接、指導に当たります。自らの体験を活かし、チューターとしての役割も果たしますので、単に、教科指導だけでなく、国試対策で要となる、自習学習の進め方やメンタル面でのフォロー、さらには、進路相談まで、受験生を取り巻く様々な問題に、的確なアドバイスを行っていきます。


スリーセメスターカリキュラムによる段階的ステップ・アップ

学力定着に適した3セメスター制の導入で、
1セメスター(6月〜9月)を、「基礎力養成期」、2セメスター(10月〜12月)を、「応用力養成期」、
そして、3セメスター(1月〜2月)を「直前対策期」
とし、
段階的なレベルアップを図っています。

通学科●日曜・平日各クラス◆コース紹介



通信科●DVD受講クラス◆日曜集中準拠




平日特訓クラス生のための“ダブル・スクーリング制度”のご案内

○○○○○○○○イメージ

「平日特訓クラス」生のための週3日制通学『日曜フリー・パス受講』

本校の「平日特訓クラス」での週2回の授業内容は、国家試験対策として日曜集中クラスの授業をより強化した内容で構成されており、各自の計画的な予習・復習により、国試に合格する実力が養成されるプログラムが組まれています。 ただ受験生によっては、“家庭での自習学習が計画通りに進められない”、“自宅ではどうしても集中できない”といった在宅学習に関する不安や“勉強に集中するため通学回数を増やしたい”“基礎力が弱いので何としても強化したい”等国試受験生特有の悩みを抱えているケースも少なくありません。 そこで、こうした問題を抱える受講生を支援する『日曜フリー・パス受講』は、平日特訓クラス生が、「日曜集中クラス」の授業に自由に参加、受講できる制度となっておます。

*『日曜フリー・パス受講』は、「平日特訓クラス」受講生のオプションです。


○○○○○○○○イメージ

《日曜フリー・パス受講の4大特色》

@ 平日特訓クラスで履修した内容を、ダイジェスト版で、日曜に重複受講できるため、知識の定着度が強化され、受講生各々の自主性に任されている予習・復習の負担が軽減されます。

A 平日特訓クラスでトライしたプリントを再度、日曜集中クラスで取り組める(またはその逆)ため、重要事項の再確認と共に、
暗記項目の定着が飛躍的に向上します。

B 平日特訓クラスでのやむを得ない授業欠席の場合でも、同学習範囲(単元)の再受講が可能。

C 仕事などには携わらず、国試対策の勉強にのみ専心できる受験生の方々にとって、週当たりの通学日数が増加するため、
各教科の徹底的な習得と計画学習を容易にします。

※日曜フリー・パス受講 概念図


バナースペース

医進学園グループ
明治鍼灸柔整予備校
【併設:国試対策室】

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-2-31-B1F

TEL 03-3230-0212
FAX 03-3230-0213